お知らせ

2020-10-22 08:34:00

Ekr0K8SU8AQm8vv.jpg

劇団「地蔵中毒」第12回公演無教訓意味なし演劇vol.12「おめかし、鉄下駄、総本山〜削ればカビも大丈夫〜(村の掟、全無視Edition)」

 

詳細・ご予約はこちら

 

【出演】

かませけんた

三葉虫マーチ

東野良平

hocoten

立川がじら(志らく一門)

鈴木理子

フルサワミオ

佐藤一馬

佐々木タケシ

阿比留丈智(劇団チャリT企画)

川舩晃平(参画ノマド)

ごどう(コントグループ「シル」)

田中渚(日本のラジオ)

神谷圭介(テニスコート)

 

【映像出演】

関口オーディンまさお

うちやまきよつぐ(演劇らぼ・狼たちの教室)

 

【日時】

2020年11月12日(木)~15(日)

12日(木)19:00

13日(金)14:00/19:00

14日(土)14:00/19:00

15日(日)13:00/17:00

 【場所】

下北沢駅前劇場

 

【料金】

・劇場公演

予約3000円

当日3500円

 

・配信公演

2000円

( ※14日(土)、15日(日)の夜公演のみ生配信いたします!)

  「Streaming+(配信)」

14日(土)19時回

15日(日)17時回

 

【スタッフ】

舞台監督:本郷剛史

舞台美術:袴田長武

照明デザイン:中西美樹

照明操作:堀米つばさ

音響:大嵜逸生

小道具:なべお、たなか、油絵博士(ウレタンを工夫工房)

映像・映像操作:杉浦仁輝

配信:高畑陸(シル/CHARA DE)

当日運営:星野花菜里

当日スタッフ:末岡千尋、加茂恵代

記録写真:塚田史香

主催・制作:劇団「地蔵中毒」

 

 

【協力】

テニスコート、日本のラジオ、劇団チャリT企画、参画ノマド、コントグループ「シル」、演劇らぼ・狼たちの教室、コンプソンズ、ウレタンを工夫工房、CHARA DE、栗原三葉虫、電動夏子安置システム、イープラス、シバイエンジン


2020-10-22 08:24:00

27783-089aaad1.jpg

“映像でお送りする、朗読ライブ配信”

 

二人の役者が、スタジオ収録しているところをライブ配信し、

「聴く」、「観る」、朗読をお届けします。

 

ご予約はこちら

公式ツイッター

--------------------------------------------------------

 

アウン・クローゼットプロデュース 朗読ライブ配信

 

『夜長姫と耳男』

 

構成・演出:フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)

         原作:坂口安吾『夜長姫と耳男』

         出演:安東信助(日本のラジオ)兒林美沙紀(アウン・クローゼット)

 

 

11月4日(水) 21:15 ~ 

※アーカイブは11月18日(水)までご視聴頂けます。

 

料金 : 1600円(1500円+決済手数料100円)

 

音響・映像:桜義一(劇団肋骨蜜柑同好会) 

   宣伝美術:井上百合子(演劇集団円/アウン・クローゼット)  

   企画製作:兒林美沙紀(アウン・クローゼット)  

         協力:株式会社フクダ&Co.  krei inc.   劇団肋骨蜜柑同好会 日本のラジオ

 

--------------------------------------------------------

 

【あらすじ】

 

長者の一粒種として慈しまれる夜長姫。

黄金をしぼらせ、したたる露で産湯をつかわせたので、

姫の身体は光りかがやき、黄金の香りがすると言われていた。

 

飛騨随一の匠の弟子で、大きな耳を持つ耳男は、姫が十三歳の時、

姫のために弥勒菩薩像を造るよう長者から命じられる。

 

美しく、無邪気な姫の笑顔に魅入られた耳男は、次第に残酷な運命に巻き込まれていく。

 

【企画意図】

 

新型コロナウイルスが人々を恐怖させてから、たくさんの演劇が中止されました。

そんな状況下の中でも、演劇関係者が作品を世に出す姿を見て、いろいろと考えていたところ

ふと、真夜中に自分の本棚にある坂口安吾作品が目に留まりました。

 

中でも、『堕落論』と『夜長姫と耳男』を読み返して、「あ、これは」と思いました。

自分の中にあった疑惑、怒り、不安、やるせなさ、これらが一本の細い線となり、

ぴんとまっすぐ張った気がしたのです。

 

生きるならば、堕ちて、這い上がってを繰り返しながら、私たちは進むしかないのだと思います。

坂口安吾の文章の面白さと、描かれていることの美しさを生かし、

現代と照らし合わせて様々な角度から臨んでいこうと、この企画は始まりました。

 

【アウン・クローゼットとは】

一生は、クローゼット。その中にある、鮮やかなものたちを模っていくことをテーマに、

井上百合子と兒林美沙紀が、好きなことを 好きなようにやるユニットです。

 

--------------------------------------------------------------------

 

★チケットをご購入頂いた方で、ご希望の方に、先着で記念品のチラシを1枚ご送付します。予約フォームのメッセージ欄もしくは、アウン・クローゼットの公式Twitterにてご連絡下さい!


2020-06-02 08:05:00

安東信助が出演します。

やみ・あがりシアター短編集「謁見」

2020/06/18(木)-21(日)

池袋 スタジオ空洞

※座席数僅少のため、全ステージ応募抽選制とのことです。

ご応募はこちらのフォームより。

6月3日20:00より受付開始、10日23:59に締め切り、抽選後ご当選いただいた方のみメールでにてご連絡するそうです。

お問い合わせ、公演詳細はこちら

 


2020-05-15 17:48:00
新作公演「ロマンランタン」およびクラウドファンディング実施

新作作品「ロマンランタン」を5月19日〜24日、オンラインライブ配信いたします。

中止になった公演「カナリヤ」と同キャストによる連作の一人芝居作品8本です。

配信後もアーカイブとして5月末まで視聴できるようにいたします。

 

公演詳細はこちら

 

また、「カナリヤ」公演中止に伴うクラウドファンディングによるご支援も募集しております。

 

クラウドファンディング詳細はこちら

 

よろしくお願い申し上げます。


2020-05-01 12:00:00

日本のラジオ代表の屋代秀樹です。

 

5月19日より予定していた、こまばアゴラ劇場での日本のラジオ本公演「カナリヤ」について、

4月下旬に一度公演可否の判断をすると予告しておりましたが、現在の状況を鑑み、公演は中止といたします。

すでにチケットご購入している方については、返金処理のお知らせをお送りしています。

お知らせが届いていない場合は、大変お手数おかけしますが日本のラジオまでご連絡ください。

 

まとめての発表となりますが、「カナリヤ」の上演予定であった、

5月19日20時、20日15時、20時、21日20時、22日20時、23日14時、19時、24日14時に、

1人芝居をそれぞれ1作ずつ、計8本の書き下ろし連作「ロマンドウロウ(仮)」を上演いたします。

キャストはカナリヤ出演予定だった7人+αです。WEB上での無料公開とする予定です。

また、今回の公演中止、および新作についてのクラウドファンディングも実施予定です。

新作の詳細については後日改めて発表いたします。

 

以上、不明な点ございましたら、日本のラジオまでお知らせください。

みなさま各々のお立場、信念にもとづき、どうかご自愛くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 


1 2