ミズウミ

ミズウミ
2017年6月14日(水)~18日
Gallery & Space しあん  (Click!) 

※※※

このみずうみを ふかくもぐれば きっとうみにでられるでしょう

昭和64年正月、山間の街 田瓶市
人皮で装丁されたおぞましき書物の噂を聞きつけ、
気鋭の人類学者小鹿スドウは、
海産物の流通で財をなした一族、摩周家のもとを訪れる。
血と 愛と 宇宙的恐怖の 短いおはなし

※※※

キャスト紹介と感想  (Click!) 

【作・演出】
屋代秀樹

【キャスト】
萱怜子
瀬戸ゆりか
星秀美(レティクル東京座)
堀江やまの
袖山駿
山森信太郎(髭亀鶴)

【タイムスケジュール】
14日(水)15時開演☆/20時開演
15日(木)20時開演
16日(金)20時開演
17日(土)13時開演/16時開演/19時開演
18日(日)13時開演/16時開演

受付・開場は開演の30分前
上演時間65分

【チケット料金】
●一般
2000円(予約・当日共に)

●オリジナルパンフ付
2700円(予約のみ)

☆プレビュー公演
1500円(14日15時の回・パンフ付・予約のみ)

※学生あるいは23歳以下割引 -500円 要証明
※日時指定自由席
※予約は前日24時まで受付

【オリジナルパンフ】
上演台本・キャストグラビア・その他オリジナルテキストを収録
(郡司龍彦デザイン)


【スタッフ】
宣伝美術:郡司龍彦
パンフ撮影:須田俊哉
舞台写真:ふくしまけんた

【協力】
髭亀鶴、レティクル東京座、(株)大沢事務所、スターダス・21、krei inc.
Img_bb80e7c3b3b2750550fb0f2bd1b022be
Img_fd471d53d1c616b9813120819feb9da7
Img_1571325d178ac60cc6c6f8ff59b4cba2

オルギア視聴覚室vol.2

短編「チュウガクセイニッキ」を
安東信助出演で上演いたしました。

『オルギア視聴覚室vol.2』

企画者が最高だと思った劇団、各方面の紹介で知った劇団、自ら名乗りを上げた劇団……
幾多数多の魑魅魍魎が集まって化学反応を起こし合う\\\\ 闇鍋演劇祭 ////

《主催・企画》
hocoten

《出演団体》
ツムラ組/東京にこにこちゃん/日本のラジオ/コンプソンズ/レティクル座/ゴキブリコンビナート/KOTEN/colorful‘75歳 /右マパターン/劇団YAX直線/肉汁サイドストーリー&テアトル無宿
/劇団「地蔵中毒」/中野坂上デーモンズの憂鬱
(出演順、全13団体)

《MC》
としくに(渋家)

《スタッフ》
舞台監督・企画補佐:黒澤多生/制作進行:横井佑輔/広報:早川さとし/音響:久郷清/照明:紺野浩史(Lighting staff Ten-Holes)/宣伝美術:MIC/当日制作:萩原深雪/制作補佐:杏奈
/Webプロデューサー:浦島デジ太郎

《公演日程》
2017年4月22日(土)
14:00 open/14:30 start/19:30 close
※受付開始は13:45からです。
※再入場自由。途中休憩あり。

《会場》
上野恩賜公園野外ステージ(水上音楽堂)
〒110-0007 東京都台東区上野公園2-1

《交通アクセス》
JR上野駅不忍口より徒歩5分、東京メトロ銀座線上野駅7番出口より徒歩5分、
日比谷線上野駅5b出口より徒歩6分、京成本線京成上野駅より徒歩5分、
都営大江戸線上野御徒町駅より徒歩5分

《チケット》
予約 2300円
当日 2600円

・チラシ割…300円キャッシュバック
(本公演のチラシに付属された割引券を当日受付にてご提示された方対象)
※割引は予約も当日も利用可能です。
※全席自由席

《お問い合わせ》
orgiav3v@gmail.com

《インターネット》
HP→ (Click!) 
Twitter→@2017_04_22_Sat
Tumbler→ORGIAaudiovisualroom
Img_89eaf2316405def9007d0a0e5d181f8f
Img_5b33a12de3cbf03defbdeef072e90c16

ラクエンノミチ/ボディ

ラクエンノミチ/ボディ

2017年3月16日(木)~3月20日(月)
阿佐ヶ谷 シアターシャイン  (Click!) 

※※※

愛も 暴力も
ふいにあらわれ
いつのまにか去っていた



幼馴染2人の経営するファッションヘルス、そこに集まる人間たちの、ちっぽけな日常 ――ラクエンノミチ

チョコレート工場に勤める孤独な男の、死体処理の一夜 ――ボディ

理不尽な片想いをし続けた男たちの短い物語。

日本のラジオのビザール・ボーイズ・ラブ、2本同時再演。

※※※

【作・演出】
屋代秀樹

【キャスト】

<ボディ>
うんこ太郎
浅田鎮歩
勃起崎鋼太
栗林まんぞう
(以上、劇団どろんこプロレス)

<ラクエンノミチ>
家田三成
坂井宏充(演劇ユニットハイブリッド)
中野雄斗((石榴の花が咲いてる。))
堀靖明
村山新

大田彩寧
田中渚
豊田可奈子

【スタッフ】
舞台監督:アンディ本山
舞台美術・小道具:海月里ほとり(劇団肋骨蜜柑同好会)
照明効果:少年(劇団肋骨蜜柑同好会)
照明操作:フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
音響:桜義一(劇団肋骨蜜柑同好会)
スタッフコーディネート:フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会)
宣伝美術:郡司龍彦
パンフ撮影:須田俊哉
舞台撮影:ふくしまけんた
アクセサリー製作:逸原まりあ

【協力】
イマジネイション、M.M.P、krei inc.、シーグリーン
演劇ユニットハイブリッド、劇団どろんこプロレス、劇団肋骨蜜柑同好会、(石榴の花が咲いてる。)

キャスト紹介と感想  (Click!) 
Img_a82354dd09a421d1cc5b71dd008637b0
Img_10bad548bd658e3a2f314e4ffaa221b1
Img_a75471ec76390b7c6e7792b1d84675ad